スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題(その64) 3連休の中日(なかび)

3連休の初日は、自宅周辺は車が大渋滞。そのためチャリンコで駅や街中まで移動し、車は使用せず。
ただ、強風でなかなか前に進まず、体力を消耗・・、その日の夜は疲れて早めにやすむ。

なか日の今日は、朝から春の陽気となり、久しぶりにブラリとカメラを持って、近所を散歩して廻った。
桜は、まだ蕾状態だが、木蓮と梅の花があちこちの家の庭で咲いている。
近所は以外と畑が多く、農家の方が朝早く、自分の畑で取れた野菜を自動販売機や無人販売所で売っている。
我が家も、自動販売機は時々利用している。

今年の、桜の開花は例年より早く、来週中だとのことであるが、3月末には散ってしまうのであろうか。
自宅の鉢植えの十月桜は、3鉢とも既に各1輪ずつ開花している。

また、この近隣は、桜の後には、はなみずきの花が咲き誇り、毎年4月中旬までは花木が楽しめるのだが、今年は はなみずきも開花が早まるのだろうか・・?

木蓮
木蓮の花

梅
梅の木々

野菜自動販売機
野菜の自動販売機

野菜無人販売所
無人販売所


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その63) とうとう定年退職を迎える

一昨日の金曜に、今勤めている会社を一旦退職し、再雇用していただく契約書にサインをした。

まず最初に再雇用の条件提示があった。
年俸は現状よりかなりのダウンとなるが、あと5年間同じ職場で働けるため、ありがたく斡旋をお受けする。

その後、定年前の早期退職となるため、「一身上の都合により・・」という退職願いを提出した。
3月31日で退職するが、翌日の4月1日にまた新規入社し、今までと同じ職場で同じような仕事を継続することとなった。

何となく退職の実感が湧かないが、契約を済ませた後に、退職記念品は何にしますか?・・等の退職に関する事務手続きが始まり、やっと退職した感が出てきた。

その日は、なんとなくいつもより早めに退社。
奥さんから頂いたバレンタインのチョコのお返しに、駅前でホワイトデーのプレゼントを買って帰る。

夕食後に、ホワイトデーのプレゼントを奥さんへ渡したあとに、思いがけず奥さんと子供から、退職ご苦労様のケーキのプレゼントがあった。
「32年間ご苦労様でした・・」とケーキに書いてあり、予想していなかっただけに、思わず泣きそうになる。

退職後は、自分で起業を・・と準備をしてきたが、今のままでは起業後の収入は当てに出来ず、現実は勤め先の会社に暫くお世話になることとし、あと5年間は起業の準備を継続することとしたい。

退職を迎えて、ふと私の父のことが思い浮かんだ。
父も55歳で地方市役所の建設部長を最後に定年退職したが、退職最後の日は早めに帰ってきた。役所の入り口で、建設部全員から見送りを受けたと母に話していた・・ような気がする。

しかし、私にはその頃、父と話すことは滅多になく、お祝いらしき声もかけてあげなかった気がする。
母と二人でお祝いをしたのだろうか・・定かでない。

その頃の父のことを考えると・・今の私の方が幸せだな・・と感じてしまう。

お祝いケーキ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

起業に向けての準備(その26): 携帯電話機

携帯電話、5年ぶりに新品の携帯に買い換えた。

前の機種は、奥さんのお下がりを使用していたが、既に携帯から撤退したドコモのD(三菱)タイプの機種だった。
そのため、電車の中ではポケットから携帯を堂々と出すには少し気が引けた。

今回は思い切って、最新型の少し高いものを選んだ。
カメラも1200万画素とのことで、デジカメと変らないらしい。

色んな機能がついているが、今までもほとんど使ったためしがない。
家族割りの無料通話と無料メールの使用がほとんどで、基本料のみ払っているような状態である。

最新型の携帯を持つにはふさわしくないようであるが、電車の中では堂々とポケットから取り出せるようになった。

一日の大半は仕事で会社におり、会社貸与の携帯さえあれば事足りる。

・・・ここでふと・・閃きが・・。
実際には通話もメールもできない、外見だけは最新型機種の中身が空っぽのダミー携帯は売れるかも、結構、お金はないが見栄っ張りの人がたくさんいるのでは・・と思う。
なおかつ・・新機種が出るたびに、新機種と良く似た取替え用の外カバーも作れば・・リピーターが、がんがん増えるのではないだろうか?

そう言えば、昔、携帯電話の前身の自動車電話が始めて登場した時、見栄張り用に、ダミーの自動車電話機が売られていた。
見栄張りは、ギアボックスの後ろに、このダミーを設置して満足していたらしい。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

閑話休題(その62) バンクーバー 冬季オリンピック

冬季オリンピック・・当初の予想では、日本のメダルはゼロでは・・との声もあったが、以外と善戦している。

日本は既にメダル3個を獲得。
前回大会はメダル1個、前々回は2個だった。

各国メダル数順位を見てみると、独米ノルウェーの順位である。
過去は・・と言うと、前回は独米加の順位、前々回は独米ノルウェーと、独米が圧倒的に強いのがわかる。


前回大会では、初めてカーリングを見て面白いと思ったが、今回の大会でもチーム青森が善戦して、オリンピックの楽しみが一つ増えた。

以前は、冬季オリンピックは、あまり興味がなく、テレビニュースで結果のみ知ればよい・・という気持ちだったが・・。
歳をとり、若さを保つためにも、新しいことにも興味を持つことをこころがけたいものだ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その61) 子供達の結婚

子供達の結婚・・とうとう子供達二人とも、人生の伴侶を見つけ結婚することとなった。

上の子は既に1年半前に結婚し、暫くは、傍から見ていてぎこちない夫婦生活だったが、最近ようやく夫婦らしくなってきて、安心して見守れるようになった。
もともと他人同士の二人が、一緒に生活を始めることを考えると、最初から息がぴったり合う夫婦は少ないはずである。
私達夫婦も、昔を思い返せば、永年かけてお互いを理解し、若い頃はお互いの意見がぶつかることも多かったと思う。

もう一人の子も、今年秋には挙式を・・という段階まできてしまい・・、先週の土曜日には、相手のご両親との顔合わせを行った。

これから、結納の段取りをお互いに調整し、式場選びをした後、式に向けての諸準備を子供達と両家ですり合わせを行いながら、式に出席していただく親族との連絡・調整を平行して行う。
上の子の結婚で、2年前にも同じことを行い、約半年間忙しかったことを思い出す。

次の子の相手のご両親は、初めての経験だが・・、こちら側が勝手にリードすることは控えて、じわじわと、行きつ戻りつしながら両家および子供達の思いを調整していこうと思う。
・・他人同士が、一家をあげて接触して行くのだから、最初はお互いに細心の注意を払いつつ進めることが肝要だ。

子供達が年齢を重ね、自分達の子供が結婚する時に困らないように・・との気持ちで、子供自身の結婚の時の手順&進め方を親が伝授してやらねば・・と考えている。

子供達からみれば、親の勝手な思いで・・口を出さないで欲しい・・・と思っていることは重々承知だが・・頑固な親父は「これが親のつとめだ・・」と突き進むのである・・。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その60) 代官山ASO・・ミシュランふたつ星

代官山AS0・・・ミシュランでふたつ星・・で食事をした。

半年振りに奥さんと二人、贅沢にコース料理を頼む。
ベースはイタリアンのようだが、食べてみると独創的な料理が多かった。

味付けはさすが二つ星の味、見た目にも細心の注意をはらった、繊細な盛り付けがきれいである。

店内に入るのを少し躊躇するような格式あるフレンチの店とも異なり、気軽に店に入れる雰囲気が気に入った。
店内のお客さんも、おしゃれな方々が多く、服装もいつもより少し冒険気味の雰囲気で出かけた方が良いかも・・。

代官山本店の方は、店の奥に結婚式場があり、土日は、着飾った結婚披露宴への出席者が、カフェレストランの間を縫って行き来する。

二子玉川店は、高島屋南館の最上階で、二子玉川周辺の景色をガラス越しに眺めながら食事ができる。

他にも、銀座と日本橋にも店舗があるようだが、私は代官山と二子玉川しか行ったことがない。

料理は、実際に食べて見ないと・・言葉ではなかなか伝えにくいが・・。
初めてのお客は、まず最初に出てくるパンとバターを食べてみてびっくりする。
パウダー系のバターの味に病み付きになる人が多いようだ。

その後の料理は、写真を見て楽しんでもらいたい・・・。

一度、ここで食事をする価値ありだと・・思う。

料理1

料理2

料理3

料理4

料理5

料理6

料理7

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その59) スターバックス カサゴ?

以前は、ドドールやベローチェに良く通ったが、引越し以来、近くにスターバックスとマックしかないため、必然的にスタバに行く機会が増えた。

猫も杓子も・・スタバか・・と言われるかもしれないが、やはりスターバックスは落ち着く。
近くの店舗は、お客に若い人が多く、気持ちも若やぐ。
また、店内が落ち着いた作りで、ソファーもゆったりで寛げる。

これから起業を考えている私にとっては、ビジネスにおけるリピータを集めるヒントが隠されているように思う。

スタバのドライブスルーは、滅多に見かけないが、意外と全国に76店舗あるそうである。
しかし、都内(23区内)は用賀店の1店舗のみである。
この用賀店にも良く行くが、ドライブスルーは一回も利用したことがない。


話は変り、今日のおかずは、かさごの煮付け。
見た目は「メバル」だけど・・間違いじゃない。
夫婦で少しもめる。

ネットで調査の結果、メバルはカサゴ科メバル目だった。なーんだ親戚か・・で二人とも納得。
結婚30年目を迎える夫婦とは思えない、仲のよさ・・自画自賛。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その58) 真珠婚式

今年の2月10日は、奥さんとの結婚30周年である。
いつの間にか・・という気持ちと、良く続いたものだ・・という気持ちが半々だ。

昨年の2月に、「来年は忙しくて行けないかも・・」と、1年早く鎌倉プリンスホテル泊と鎌倉・江ノ島旅行のお祝いをしてしまった。昨年の秋には、軽井沢にも泊旅行に行ったし・・。
そのため、今年は質素に過ごそうと・・いうことになっている。

30周年は真珠婚式だそうだ。他の夫婦は、真珠のネックレレスでも奥さんに買ってやるのだろうか・・?
我が家は、奥さんの好きな服を買うか、海外旅行資金のプールにすることにしたい・・・。

結婚15周年  水晶婚式  クオーツ
結婚16周年  黄玉婚式  トパーズ
結婚17周年  紫玉婚式  アメシスト
結婚18周年  柘榴婚式  ガーネット
結婚20周年  陶婚式  クリスタル
結婚25周年  銀婚式  シルバー
結婚30周年  真珠婚式  パール
結婚35周年  珊瑚婚式  サンゴ
結婚40周年  鋼玉婚式  ルビー
結婚45周年  青玉婚式  サファイア
結婚50周年  金婚式  ゴールド
結婚55周年  翡玉婚式  エメラルド
結婚60周年  金剛婚式  ダイヤモンド

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その57) 長崎ちゃんぽん

先週・今週と続けて2回、リンガーハットで食事。

先週は高島平近くで昼食、本日は自宅近くの郊外店で夕食。
最近、野菜の量が多くなり、また5時以降は麺の増量サービスがついたため、待ち行列ができている。
栄養たっぷり&量も多く、二人で約1600円也は安い。

ネットで調べると、リンガーハットは、材料の小麦粉の値段が高騰した時期に値上げし客離れを起こし経営難となっていた。

今回、野菜たっぷりメニューを出すにあたっては、他社が値下げする中、国産野菜利用等の品質上げと料金上げ・・と言う逆張りの戦法をとり成功した・・との記事が載っていた。

以下、ネット記事からの引用である・・

・筆者の目の前にも「野菜たっぷりちゃんぽん」が置かれた。
麺とスープの上にうずたかく野菜が積み立てられていて大迫力である。
「喰いきれるかな……」と思いつつトライすると、あら不思議。
温野菜が優しい。しっかり胃袋に収まる。
野菜をたっぷり食べた!という強烈な満足感。とっても健康にいい気分満点である。
「また、時々食べに来よう」とリピート意欲もしっかり湧いた。
前回の値上げによる失敗を教訓として、今回は顧客ニーズと、顧客への提供価値を考えぬいたのだと舌と胃袋で感じられた。
どうか、今回の戦略がうまくいきますようにと心の中でエールを贈りつつ、店を出た筆者であった。
(満腹になった腹を抱え、したたる汗をハンカチでぬぐいながら)。

・・ここまで引用

数年前に長崎の中華街で、本場の長崎ちゃんぽんを食べたが、リンガーハットの長崎ちゃんぽんも同じ位おいしい。



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その56) 節分

豆まきの日。正月が過ぎ、あっと言う間の2月になった。

鬼はそと、福はうち。
今年も、奥さんと二人で、2階の居間からべランダの外にまめを撒いた。

その後は、枡に入った大豆の豆を食べ、途中で奥さんから食べすぎだと・・注意される。
そう言えば・・昨年も同じような光景が・・。

明日は立春、だがまだ春は遠く、寒い日がしばらく続くようだ。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その55) 東京の大雪

今朝のテレビの天気予報で、「朝昼は晴れ、夕方から雨が雪にかわるでしょう。都心でも積雪となるでしょう。」とのことだった。
・・・ホント?と思っていたが・・夕方から雪が降り始め、会社から帰る頃には大雪の様相となった。
自宅に帰りつく頃には、7~8センチの積雪。

そう言えば、2年前の2月1日も東京は大雪だった。
ちょうど2年前の2月1日に転居し、新居への荷物運び入れが終わり、ダンボール箱に囲まれて寝たが、夜中にやけに冷えて寒く感じた。
それまでマンション暮らしだったため、戸建てに変ると、こうも寒いのか・・と思っていたが、次の日起きて玄関のドアを開けると、一面真っ白の大雪が降っていた。家族全員びっくり・・だった思い出がある。

明日は、どうしても早めに会社に出社しなければならず、電車が動くかどうか心配である。


子供の頃は、雪が降ると楽しくてしょうがなかったが・・大人になると雪は厄介者・・という気持ちが先に立ってしまう。

積雪の趣をゆっくり楽しめるような、余裕のある生活をしてみたいものである。

東京 大雪

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その54) 高島平その2

首都高の渋滞もなく、首都高速5号線まで順調に車が流れ、予定どおり高島平着。
車はTOKYUのホームセンタに駐車、私が散髪している間に、奥さんは買い物をしながら待つことに。

少々店の入れ替わりがあるだけで、町並みは2年前と変化なし。
住んでいる人の数が多いためか、安売りの店等も相変わらず盛況、東南アジア系の買い物客が目に付く。

散髪、買い物が完了し、奥さんと二人で、昔住んでいた借家あたりを散策してみることに。
10年ぶりだが、近所の公園は昔のまま。川沿いの旧住居付近は、新しい戸建てに建て代わってはいるものの、周囲の雰囲気は変わらず。
旧住居の入り口周辺と、子供達が通っていた近くの小学校の門を、デジカメで記録に残す。

散髪に行った美容院では、馴染みの美容師さんと久しぶりのお互いの近況を交わす。
旧住居散策の途中で、奥さんも挨拶し、来月も散髪に訪れる旨を約束する。

帰りは、環8沿いのリンガーハットで昼食、池袋で奥さん希望の手芸店に寄る、昔よく通ったルートだ。
明治通り経由で、16時前には帰着。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その53) 高島平

今日の日曜日朝は、通常どおり7時台に起きて、出かける準備中。
昔住んでいた高島平のお店に予約し、車で散髪に出かける予定だ。
日曜のため、お客が多いらしく、朝10時しか空きがないらしい。

転居で高島平を離れて以来10年近くになるが、2年前までは、高島平のその店に定期的に通っていた。
2年振りに、首都高を使って出かけてみることにした。

高島平は、昔から団地の街のイメージがある。また都心へ出るための都営三田線1本のみしかなく、車を利用しない人にとっては、「東京都の終点」または「地の果て」のような感覚がある。

そろそろ出かける時間となった。・・・2年振りの街の様子を、またアップしよう。


最近気になるグッズ類
レッグトレーニング
猫よけグッズ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その52): デュマレスト・サーガ (SFおたく・・?)

中学生から高校生にかけては、濫読でなんでも読んだが、特にSFにはまった時期があり、中高6年間で数百冊は読んだような気がする。
昔読んだ本の作者は、ハインライン、ブラッドべり、クラーク、ドイル、アシモフ、ハミルトン、E・Eスミス、ヴォークト、E・Rバロウズ等など・・SF作家の大御所が多い。
その中でも、この歳になって再度読んでみたいと思う作品は、アイザック・アシモフの銀河帝国の興亡(全3巻)。

ただし、本当におもしろいと思った本は、大人になってから読んだ作品の方が多い。
就職後は、2~3年間隔でSFと小説への興味が交互に移り変わる状態が続いたが、田中芳樹の銀河英雄伝説やE・C・タブのデュマレスト・サーガの長編物を次から次に買って読んだ。

中でもデュマレスト・サーガシリーズは全31巻。
日本での、第1巻の翻訳本発刊は今から25年前、当時はファンクラブまで存在していた。
私は、27巻は揃えたが、4巻は持っていない。
このシリーズは、ストーリーの途中で、未完のまま、作者が筆を止めたままとなっていたが、約12年後に第32巻が発刊された。ただし英語版のみで、翻訳版は出ていない。

デュマレス・サーガ教のブロガー間のうわさでは、完結編の第33巻が存在するらしい(作者のタブは90歳を超えている・・)

50歳を過ぎた頃からは、残念ながら老眼のため読み物が辛くなり、集中して本を読む機会がめっきり減ったが、この最終2巻だけは生きているうちに是非読んでみたい・・ものだ。
東京創元社様、是非、この第32巻、33巻の翻訳本を出版していただきたいものである。

デュマレスト・サーガ 27巻
デュマレスト・サーガ 27巻

第1巻と第27巻(黒背表紙・・初版本)
第1巻と第29巻(黒背表紙・・初版本)"

【デュマレスト・サーガ シリーズ】
1.嵐の惑星ガース The Winds of Gath (1967)
2.夢見る惑星フォルゴーン   Derai (1968)
3.迷宮惑星トイ Toyman (1969)
4.共星惑星ソリス Kalin (1969)
5.キノコの惑星スカー The Jester at Scar (1970)
6.聖なる惑星シュライン Lallia (1971)
7.科学惑星テクノス Technos (1972)
8.植民惑星ドラデア Veruchia (1972)
9.幻影惑星トーマイル Mayenne (1973)
10.誘拐惑星オウレル Jondelle (1973)
11.流血惑星チャード Zenya (1974)
12.テクノ惑星カモラード Eloise (1975)
13.秘教の惑星ナース Eye of the Zodiac (1975)
14.虚像の惑星バラドーラ Jack of Swords (1976)
15.悪夢の惑星ホーガン Spectrum of a Forgotten Sun (1976)
16.野望の惑星ハラルド Haven of Darkness (1977)
17.死霊の惑星ザキム Prison of Light (1977)
18.希望の惑星アス Incident on Ath (1978)
19.砂漠の惑星ハージ Web of Sand (1979)
20.刺客の惑星ヒアカーヌ The Quillian Sector (1978)
21.空想惑星エスリン Iduna's Universe (1979)
22.秘薬の惑星エリシウス The Terra Data (1980)
23.異形の惑星クルディップ World of Promise (1980)
24.天翔ける惑星ザブル The Terridae (1981)
25.女帝の惑星ジュールダン The Coming Event (1982)
26.真珠の惑星サカウィーナ Nectar of Heaven (1981)
27.鳥人の惑星ヘブン Earth Is Heaven (1982)
28.超能力惑星バーツ Melome (1983)
29.遊民の惑星ライカン Angado (1983)
30.生命の惑星カスケード Symbol of Terra (1984)
31.最後の惑星ラニアン The Temple of Truth (1985)

32.未訳の32巻「The Return (Dumarest 32) (1997)
33.完結編? 存在するらしい

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その51): 猫好き 第2話

ラグドールの愛猫を、私達夫婦は、孫娘のつもりで可愛がっている。

トイレや毛玉の綿ぼこりの掃除が大変だが、奥さんは、大して苦にはならないようだ。

子供達も、猫好きのため、家族の中で気まずい雰囲気の時は、猫の話題が出れば、和んだ雰囲気に変わる。
猫も世の中の平和に結構貢献している。


子供夫婦がプレゼントで、猫ハウスを買ってくれた。
箱物が好きで中に入りたがるため、気に入るかな・・と思ったが、自主的に中に入ったのは、この写真撮影時の1回きり。
今は残念ながら、テレビの前の空間を占有しているだけのインテリアとなってしまった。
奥さんとしては、同じく猫好きな友達が我が家を訪問した際に、猫グッズを自慢したいのか、全く片付ける気配はない。

Webで調べてみると以外に高価で、3千円以上もすることがわかり、今でも大事に扱っている。

猫ハウスの消防自動車

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その50): アマゾン 送料

アマゾンが送料無料キャンペーンを行っている。
一部有料の場合もあるようだが、アマゾンが発送する商品は、今年1月から3月末まで、全ての商品が送料無料になるようだ。
たまたま奥さんが、コクヨの写真アルバムを購入するため、ビックカメラに買いに行きたい・・との話が持ち上がった。
よくよく話を聞くと、Webで最安値の商品を価格.comで探して見たが、送料無料は1万円以上購入時のみで、アルバム1~2冊程度では送料を考慮した場合、高くなってしまう・・とのことであった。

そう言えば、アマゾンの送料無料キャンペーンを行っていたことを思い出し、同様商品を検索してみた。
価格.comの最安値には届かないが、本体価格はまあまあの値段だが、送料無料を考慮すると・・なんと小額商品の場合はアマゾンの方が安い。

アルバム2つで約2000円、追加台紙2つで約700円を購入することにしたが、カートに入れると「一括送付はできず2商品の分割送付になる」との表示。
送料無料の詳細ルールが不明のため、本当に送料無料となるのか・・若干不安なまま・・購入処理を進める。

結果は、合計700円の商品の方も含め、送料0円と表示され・・なかなか良いキャンペーンだと満足し、最終の購入決定ボタンを押した。

アマゾンでは、配送コストが価格構造の中でどのような仕組みとなっているのか分からないが、商品価格自体も定価よりも低価格で設定されており、このキャンペーンは集客にはかなり有効ではないかと感じた。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その49): レア物?ジャケット

わけあって、少しフォーマルなジャケットが必要となり、先々週の土日あたりからジャケットを探し始めた。
奥さんの、「黒のベルベットのジャケットが良い」との意見で、バーゲンセール中のデパートや専門店巡りを行う。
ベルベット系は、最近のはやりではないのか・・なかなか見つからない。
もしくは、置いてあっても1点もので、サイズや色が合わないもの・・ばかり。

結局、先々週は渋谷の各デパートや専門店を探せども・・探せども、どこも空振りばかりであった。

ブランド専門店も含めて該当なしのため、先週の土曜日は下北沢へ古着店を探すことにした。
ブランドものの古着といえば、下北沢か原宿らしい・・とのWEB情報で下調べのうえ、夕方近くから久しぶりに下北へ出向く。
約2時間かけて、十数店の古着屋を見て廻った。

下北沢は小さな店が多く、目的を持って探索を始めると、結構面白い。
古着だけでなく、小さな隠れ家的な食べ物屋やカフェがたくさんあり、奥さんと二人で下北沢を結構楽しむ。

しかし、目当てのジャケットは結局見つからず。いくつか品物はあったものの、サイズ・色・古さの程度で、納得できるものはなし。
途中で、奥さんの気に入ったカーデガンが目に留まり購入・・古着ではなく新品である。
帰りは・・奥さんだけが少し満足気分で帰宅。

ベルベットのジャケットでなく、カジュアル的な服であれば、手頃な価格で購入できる古着を探し廻るのも面白いかも・・。

連続して、翌日の日曜日は、新宿に探索に出かける。
夫婦揃って、少し意地になったかな?・・と思いながら、小田急・京王とデパートの紳士服売り場を踏破するも見つからず。
最後に伊勢丹を探して、なければ、あきらめて帰るつもりであった。
最後のつもりで、新宿伊勢丹で、「黒のベルベットのジャケットありますか」・・と店員に尋ねると、いとも簡単に、そのサイズであればカルバン・クラインあたりが良いですね・・と案内してくれる。

案内してくれた先では、男性店員が即座に、ポール・スミスとカルバン・クラインの2点を出してくれる。
どちらもぴったりサイズだったが、気に入った方のカルバン・クラインを選択し、即カードで購入した。
バーゲンの30%オフで、約3.1万円であった。

さすが・・・新宿伊勢丹メンズ館。皆さんレア物は、伊勢丹で手に入りますよ・・・。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その48): ぎっくり腰 回復

久しぶりの書き込みとなってしまいました。

ぎっくり腰の症状は、自己流の手当て以降、8割回復の状態が3~4日継続。

土曜日になり、近くの整骨院へ出向いてみた。
先生が4~5名いるようだが、私の担当は沖縄方面の方らしい名札を胸に付けている30歳代半ばの先生だ。
丁寧にこれからやろうとする事を事前に説明してくれる。

まずは、症状を説明したあと、早速、立ったままの状態で、背骨から腰にかけて触診を行う。
その次に、診察台のうえにうつ伏せになり、体の状態をチェックしながら、背骨から腰にかけて「ほぐして」いく。
その後、20分ほどかけて、骨格矯正をやっていただいた。

ひととおり施術が終わったあと、別室で体の状態を説明してくれる。
理科実験室にあるような、人間の背骨&腰骨の模型を使って、こことここが歪んで・・と悪いところを説明してくれたが・・。
過去、会社の健康診断の際に、レントゲン結果等で指摘された背骨等の悪い箇所が、今回全部当たっており、びっくり。
触診だけで、矯正すべきところが全てわかったようだ。

今日の施術だけでは矯正されておらず、継続して”ほぐして”いく必要があるとのことである。
ただ、平日は仕事の関係で通院できないため、毎週土曜日に通う約束をして医院を後にした。

先生の対応も丁寧で、矯正施術も気持ちがよく、少しお金はかかるが暫く通ってみることとする。

ぎっくり腰は、以外と早く回復してよかった。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

閑話休題(その47): ぎっくり腰

今日から仕事始め。
トラブルもなく無難に仕事も終わり、夕方からの新年会も短時間で終了。
出勤時の電車は通常の半分くらいの込み具合であったが、帰りはなぜか混雑。
可も不可もなく一日が終わった感じである。

ただ、体のほうは不調だ。1月2日の昼頃から、背中が張って、ぎっくり腰の一歩手前の状態が続いている。
年末から正月にかけての、だらだら寝正月が起因したのか、少しずつ状態が悪化。
今日の仕事始めも、朝から腰が曲げられない感じで、苦しみながら靴紐を結んで気合で出社。
一旦、椅子に座ると、立つ時が苦しい。
・・・6、7年ほど前にも、単身赴任時代に2年連続、ぎっくり腰となり、完治に2~3週間かかったような気がする。

今日の新年会の席上で、タイミングよく、年末にぎっくり腰になった若手二人の会話に遭遇。
若手Aが、年末自力で3日間で完治した方法を、若手Bに伝授していた。
若手Bは年末から一週間経過するものの、未だに自分で靴が履けない状態である。
若手AはWebで、自力療法を研究した結果、「骨盤より下部の部分をコルセットまたはベルトで締め付けると、骨盤が開き快方に向かう」との秘伝を会得。
約一時間ベルト締め付けを数回実施したところ、一日で完治したとのことである。
その2日後には年末ゴルフに参加し、なんら問題ないらしい。

若手Bと私は、その話をフムフムと聞き、新年初日から良い話を聞いた・・と喜び勇んで帰宅。

帰宅して、コルセットの代わりになるものはないか・・と探したところ、あった、ありました。
大昔、自転車のパンク修理用に買ったゴムベルトが約1m。
早速、パジャマの上からコルセットを巻くと、それを見ていた不審げな奥さんから、「素人のなま療法は大怪我のもとだよ!」とのお叱りの声が飛んできたが、聞こえぬふりをしてそのままコタツへ。
不思議なことに、座り&立ちの苦しみが薄れています。ほんとに楽です。
完治するかどうかは不明だが、このまま続けて様子をみることとした。

結果は、明日以降・・またご報告予定。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

閑話休題(その46): 元旦の朝

2010年の元旦、東京は日本晴れ。日本海側と中国・四国地方は大雪で大荒れ。

今年のおせちは、結婚以来はじめて・・・高級おせちを買ってみた。
12月上旬に、銀座の松坂屋にて、和洋中三段重ねを選択。
3~4人用とのことだが、なかなかボリュームがある。
付属のお品書きを見ると、51品目が入っているとの説明であった。

奥さんにとっては、手間暇かけずにお正月が迎えられ、今年は楽でよかった。
いろんな食材が食べれてよかったが、・・よく考えてみると、毎年定番のおせちを奥さんが作ることの良さもあることに気づいた。
家族の好きなもの以外は次第に淘汰され、家族が好きな食材だけが残って、毎年その家庭の定番おせちが完成する・・これでゆったりしたお正月が過ごせるのかもしれない。

桐の箱に入ったおせち
桐の箱に入ったおせち

和洋中のおせち
和洋中のおせち

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

プロフィール

natonato73

Author:natonato73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。