FC2ブログ

閑話休題(その12 ):英語について

自分なりに英語に堪能になりたいと思っているが、そう簡単には習得できない。
起業しようと思えば、海外とのビジネス連携または個人輸入ができればチャンスは広がる。
そのためには、英語ができることは有利だな・・と頭ではわかるが・・なかなか実務につながる英語の習得にはてがつかない。
まずは自分の生いたちを振りかえることと、科学的に語学への取り組みを解析・分析してみた上で、再度チャレンジしてみたいと考えている。以前、就職後に1回ほどは、一念発起して英会話スクールに通い、数十万する英会話教材も買い込んで、一時期は身に着けようと思ったが、結果は2回とも途中で挫折・・となった。
その当時は、挫折した理由はわからず・・自分の継続の意志が弱いからだと思っていた。日頃、英会話を行う必要もない中で、週に数時間英会話スクールに通ったくらいで、英語に強くなるわけがないのは確かであろう。
小学校までは田舎の学校で、英語に関わることのない教育を受けてきたが、突然他県の中学校に進むことになり、環境ががらっと変わった。中高一貫教育のミッションスクールで、全寮制の寮監は外国人の先生でかつ、中学一年生の時の英語の教師であった。
この寮監先生は、日本語はかたことで、フランス人だが英語の発音は良く、ABCの発音から教えてくれた。日本語では通常発音しない、エフとヴイ等の舌や唇の使い方を徹底的に指導していた。教科書は米国の小学校一年生が使うような教科書からスタートだった。興味をもってスムーズに英語に入って行けたようなきがする。発音の練習が一通り済むと、次は校長先生自らのグラマー(文法)を教えてくれた。校長先生は、背がとても高く金髪で赤ら顔の典型的な米国人であった。日本語はまったくしゃべれず、授業は全て英語であったが、なぜか理解できた。教科書には日本語の訳がついていたような気がする。今思えば、校長先生の発音は学校の何人もいた外国人の先生の中でも一番格調高いしゃべりであったように思う。英国でかなり高い教育を受けたのであろう。中学の2年生までは、英語と倫理の授業は外国人の先生であった。ドイツ人・スペイン人の先生から英語を教わったが、やはり最初に校長先生の授業を受けていたため、ドイツ訛り、スペイン訛りの英語とは・・こういうものか・・と子供ながらに思った。倫理では、日本語がしゃべれる米国人のブラザー(修道士)が、神の教えのもとに倫理を教えてくれた。私が学んだ学校は、プロテスタント系ではなく、戒律が厳しいカトリック系であったが、生徒自体はカトリック信者は2~3割程度で、なかには神の教えに反発する生徒もいた。
3年生になった頃の授業では、本当に神がいるのならば、それを証明せよとブラザーに難問をつきつける輩もいて、先生も大変だったろうと思う。
中学3年生の後半からは、全面的に大学受験モードに入るため、英語の教師は全員日本人となる。受験用の英語を教えるためだ。今思えば、私の本当の英語力は高校一年生がピークであった。受験英語を勉強すればするほど、外国人と会話ができない英語習得の泥沼へ足を踏み入れていったのである。
またまた、力が入り過ぎてしまった。つづきはまた・・。


スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その11 ):私の母について

父のことを書くと、次は母のことを書きたくなった。
私の父は亭主関白の見本のようであった。ちゃぶ台返し的な行動も多々あったように記憶している。
そのような父を相手に、母は苦労の連続であったと思う。小さい時は、母は子供達に精一杯の愛情を注いでくれた。
自分のために初めて婦人雑誌を買って来たとき、父から無駄遣いをするなとどやされ、すぐに返してこいとの父の言葉に涙を溜めて玄関を出て行く母の背を見ながら、悲しい気持ちになったことをかすかに覚えている。
小学校の頃は、学校から帰ると、学校であったできごとを母に話し、それを聞いて喜ぶ母の姿を見て、良かったと子供ながらに幸福感を覚えた。
私が母と思春期を一緒に過ごしたのは、小学生までだ。
中学校からは他県の私立中学に進み、親元を離れ寮生活を送った。
半年に一回は、親が学校まで訪ねてきたが、不思議に親元が恋しいとは思わず、一人暮らしを楽しんでいたようだ。
中学校を卒業後、一人満州大陸へ渡った父の血を引いているのだろうか。
3回に1回は、母一人で肩に大荷物をしょって、列車を乗り継ぎ会いにきてくれた。その頃弟も同じ学校に通い始め、兄弟二人分の下着や食べ物類を毎回運んできてくれた。
中高一貫の学校であり、6年間寮生活を過ごしたが、高校生になって、今度は姉が同じ県の大学に進学し、とうとう子供達全員が親元から離れてしまった。
今考えてみれば、子供達みんなが、母と一緒に過ごした期間がいかに短かったことか。
その頃の母の寂しさを思うと、今でも涙が出そうになる。
夏休み・冬休みは子供達も実家に帰り、短い一家全員の生活を送ったが、母のことを思うと良い子供でいたいと思ったのか、私には反抗期はなかった。弟も同じく反抗期はなかったように思う。
大学に進み、就職、結婚と自分の人生を歩み始め、ますます母との接触は薄らいでいった。
ただ、私たちにも子供ができ、孫を連れて正月やお盆に帰った際は、孫の顔を見て嬉しそうにしている母の顔を見ることができたことが、いまいち親孝行ができなかった私にとっては心の救いである。
深夜も遅くなり、今日はこれ位で筆をおくことにする。続きは次回・・



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その10 ):私の父について

自分自身が父親になり、孫ができようか・・と言う年齢になって、ふと自分の父のことを考えてみると、感慨深いものがある。
どういう感慨かと言うと、自分が子供の頃、父から生まれてから40年間位の話を聞いた時、はるか昔の時代の話を聞いている気がしたものであり、私の子供達も同じような感覚で話を聞いているのか・・と思うと、不思議な気がするのである。
私自身にとっては、30年・40年前も、つい先日だったような気がするからである。これは歳をとった証拠であろうか。
もう少し、私の父について語ってみたい。
私の父が亡くなって、既に25年近くになる。父は亡くなる5年前から、大学ノートに自分の一生を綴りはじめ、かなり分厚い大学ノートであったが、全ページびっしと書き込んだ物語を作成していた。
父が亡くなった後に、父の遺品を整理している中で、このノートが出てきた。
まず最初は、父の幼少の頃の話から始まるが、戦前の昭和初期の話だ。
父が育った土地はかなりの田舎だが、父の母方の家系は古く由緒ある家系だったそうである。父の話によると、土地の伝説で平家の末裔の家系だそうで、母方の従兄弟連中は、田舎にも関わらず東京大学に進んだ人が多く優秀だったらしい。確かに家系図を見ると、姓は「平(たいら)」姓で、名前も○盛の付く人が何人もいる。そんな田舎で育った父だが、10歳ほど年上の兄が、満州に渡り郵便局に勤めていたため、15・6の歳で満州に渡り、満州の工業専門学校を受験し進学する。その当時、冬に下関の港から船にのり、韓国経由で大連に向かう旅が結構ことこまかに記載されている。
父は青春時代を満州の学校で過ごし、満州鉄道に就職することになる。工専(現在では工業大学)での専門は土木であった。鉄道の測量や基礎工事等の仕事に従事していたらしい。
そして戦争が始まり、現地で日本陸軍に徴収されることになる。現在の大学にあたる学校を卒業のため、少尉で任官されたとのことである。満州で兵役に就いたが、厳しい気候の満州で病気となり、日本へ送還され九州の病院で療養中に終戦となったとのことである。
父の話はここまでとしたい・・続きはまたの機会につづりたい。



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その9 ):総選挙について

久しぶりの衆議院総選挙が、今週の週末に行われる。昨年の福田総理から麻生総理への交代以降、流れは完全に民主党に傾き、9月には与野党逆転となるのは必定との声が多い。
過去も同じようなシーンがあったような・・ないような。細川さんの・・日本新党だったか? 
そうであれば、また経験値の低さから政権運営がうまく行かず、仲間割れが起きて・・・1~2年後には、また自公政権に逆戻り・・となるのであろうか。
そうなる確率は非常に高いだろう。しかし、今回はそこで民主党は崩れてはだめだ。また野党に戻っても、一旦政権を取った自信とかすかな政権運営のノウハウを得たことをもとに、更なる2大政党化を目指すことだ大事だ。
そうすれば、米国のような2大政党による、お互いの牽制のもとに、少しは民意を反映できるようになるだろう。
私が生きている間に、このような2大政党が出現することはなく、まだまだ先のことだと考えていただが・・その現実が、もう目の前に来ている。
今回は皆、民主党に票を入れよう。
圧倒的な勢いで、自民党にNOを突きつけ、一旦は下野して反省してもらわねばならない。
しばらくは、自民党の先生がたには、野党の目、庶民の目で、政府を見上げながら、本当に日本にとって大事なことは何か・・をじっくり考えて欲しいものである。
そうなれば、次回はおのずから自民党のほうへかぜが吹くであろう。
今週末は、歴史的な政権交代が実現する日曜日となるかも・・・・。
若い人たちも、是非選挙に出かけ、この歴史的なイベントに参加して欲しい。
自分たちの手でも、政権選択が可能となることを・・知って欲しいからだ。
ついつい、熱くなってしまったが、どのような結果となるか、息を止めて見守りたい。

【キッズ向けの人気商品】
子供のオリジナル絵本
双子用ベビーカー
あんぱんまんバッグ
ベビー用バス
誕生日プレゼント向けオリジナル絵本
スペースアイスシートひえひえ

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その8 ):双子について

最近、ベビーカーに双子を乗せた家族を見かけると、つい見入ってしまう。
双子の割合が、この頃急に増えたわけではないのだが、姪が二人目の子を出産した・・などと言う話を聞いて、私の子供達にも孫がそろそろ・・と言う気持ちが、無意識に働いてしまうのだろうか。
私たち夫婦の子供達も双子であったため、なぜか一人用のベビーカーを見ても・・他人の子供・・との意識があり現実味がない。不思議なことに、双子用のベビーカーを見ると・・孫の現実味を実感するようである。
私の子供達は一卵性であったが、生まれたときは、上の子が小さく、下の子が若干大きかった。小さい子が先に生まれるらしく、どこの双子も同じだ(なぜか子供達の友人に双子が多い)。
双子は似ているか・・との質問を、昔良く受けた。生まれてすぐは見分けがついたが、3ケ月も経つと二人ともまん丸健康優良児となって、親でも見分けがつかなくなる時が出てきた。それから高校生まで、2~3年おきに似てる・似てないを繰り返して来たように思う。
ただし、両親以外から見ると、どの時期も見分けがつかない位そっくりだと言われていた。
双子で面白いのは、時折、お互いが何を考えているか察知するらしく、同じ瞬間に同じことを言ったり、片方が究極のつらい場面に遭遇すると相手に伝わるようだ。
本人達は意識していないが、傍らで見ている私には、そう見えていた。
また、双子は大人になるまでの間は常にライバルだ。良い意味でのライバルであって欲しいと、願い子育てをしてきたが、現実は難しく、ライバル心が負の方向へ向いてしまうことが多かった。
やっと、別々の大学へ進学し就職し、自分一人の世界を築きはじめたが、二人の兄弟としての感情は、通常の三人姉兄弟として育った私には推し量れないものがある。
これから、長い人生の中で、お互いの気持ちが分かり合える兄弟として、支えあって欲しいものである。
双子の特徴として、同性の場合、必ずどちらかが女らしく、もう片方は男らしく育つ。これは、先ほど述べたライバル心から、お互いに反発しあいながら育つためであるらしい。
小さい時は、夫婦とも必死で二人を育てたため、今思えば苦労はなかったような気がするが、圧倒的に子供の育児時間が長かった奥さんは、さぞ大変であったろうと・・思う。
奥さんに、双子が2歳頃に、三人目の相談をした時、あっさり・・もういらないよ・・と言われた気がする。やはり、双子の子育ては大変だったのだろう。
ちなみに、子供達のベビーカーは横一列のものを買った。その頃、住んでいた場所は、緑が多くゆったりした街であったため、近所をベビーカーで押して周る際は支障はなかったが、都心に家族で出かけた際は、人が多く横一列のベビーカーは使いづらかったような気がする。
最近は、海外のブランド品や縦型のおしゃれなベビーカーも増えた。最近は、しゃれた外国製ベビーカーを見かけることが多く、つい見入ってしまうことが多い。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

起業に向けての準備(その15):旅行中の植栽水遣り等の代行サービス

夏になり暑い日が続いているが、庭と室内の植栽の水遣りや、ペットのめだかや猫の居場所にも暑さのため気を使う。
生き物を育てるまたは飼うことは大変だ、この季節植栽によっては一日水遣りを忘れると枯れてしまう。
日頃の水遣り等は、妻の重要な仕事だ。今週は、私が夏休みのため、私の仕事で日に2回の水遣りはかかせない。めだかだけは毎日妻が世話をしている。
こうなると、夫婦二人の生活のため、旅行に出かけるときが大変だ。
今週春の連休時に、3日ほど旅行で留守をした。猫をペットホテルに預けるつもりで、あちこち探したが、高い預け料を払っても3日間狭いかごの中におきっ放しとのことで、結局は夫婦でさんざん悩んだ末、3日分のご飯と水を準備して勝ってに食べてください・・と言う感じで出かけた。
結果的には動物は大丈夫だったが、花などの植栽はかなり枯れてしまった。
ペットボトルの先に装着する、安い水遣り器具を一「百均」で買ってきて、応急措置をして出かけたが、うまく動作しなかった。やはり少し高くても、ちゃんとした品物を求めたほうが良い。
動物の世話は大変だが、植栽の水遣り代行サービスは、ある程度狭いエリアに顧客が確保できる場合はなんとかビジネスがなりたつのではないかと思う。
ただし、枯れてしまった場合の補償の問題や、事前に免責事項をお客様へうまく伝えられるか・・解決すべき課題はある。
特に動物の場合は、お客様の留守中にペットの命に関わる事故が発生した場合は、責任の所在を明らかにすることが非常に難しい気がする。
ペット保険への臨時加入をセットにするなどの、リスク回避を考慮したビジネスの組み立てが必要と思われる。
実際に植栽やペットの面倒を見るスタッフは、お客様と近くのエリアから時間的な余裕のある主婦や中高年層をスタッフとして採用し人件費を極力抑える。
老齢者でも、植栽に関して知識豊富な人であれば、お客様へのアドバイス等もできるため、貴重な戦力となるのでは・・。
このアイデアは、我ながら・・久しぶりの良いひらめきのような気がする。


ドギーパドル

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

起業に向けての準備(その14):自動掃除機 Roomba

今から5年前(2004年)のことだが、幕張のカルフール(今は撤退したためない)にて、自動掃除ロボットのRoombaを買った。
値段はよく覚えていないが3万円弱くらいだったような気がする。
その1ケ月前に、銀座高島屋で製品展示と掃除実演を夫婦で見て興味をもっていたことと、高島屋での売値定価が4万円近くしていたことから、幕張で即購入してしまった。
2ケ月半の間に、毎週ルンバを使用したが、なかなか優れもので、留守の間にちゃんときれいになるため買ってよかったね・・と夫婦で満足でした。
ことろが,週1回使用で10回目頃(2ケ月半後)充電しても、動かなくなり、バッテリーがへたってしまったようでした。
その後、気になっていたものの、倉庫に置きっぱなしでしたが、今回起業アイデアを考える中で、他にも多くの人が同じような目に遭い、交換用バッテリーを必要としているのでは・・と考えバッテリー販売等のビジネスを検討してみることにしました。
まずは、倉庫から埃を被ったルンバを探し出し、保証書と機種名等をチェック。次にネットでルンバの故障やバッテリーに関する記事をチェックしてみました。
わかったことは、この5年間にルンバ自体がかなり進化していること。当時はルンバ1機種でしたが、今は似たようなもっと安い他社製品が出回っていること。ルンバの正式交換用バッテリーが約1万円すること。・・・などなどでした。
少しショックだったのは、2004年当時に、製造元の米国では充電不良による故障が多発していたそうだ。急速充電器(米国では販売していた)を使用した場合は大丈夫だったらしいが、ルンバの日本正規代理店だったタカラトミーでは、ルンバを販売する際に、急速充電器を付加せず通常の充電器のみを添付して販売したため、日本でも数回使用するだけで故障する事象が多発していた・・とのネット記事を見つけた。なんとなくだまされた気がして・・がっかりしてしまった。
マニアの間では、正規バッテリーを購入せず、自前で市販電池等によるバッテリー交換を行った紹介記事が数多く掲載されていた。約5000円程度で交換が可能なようだが、充電時のリスクがるため、やめておいた方が良いと思う。
米国では、約50$でバッテリーを販売しているようである。輸送費等も含め、安く輸入ができれば、
商材として有望かもしれない。
ルンバ自体の性能もこれから向上していくと考えられるため、需要は今後も伸びていくのでは・・






テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

起業に向けての準備(その13):ブックオフの考察

古本ビジネスに対する考察。ブックオフは本当に儲けているのだろうか?
1冊平均買値10円を100冊仕入れ、売値500円が2冊売れれば元。その他人件費、光熱費は赤字となる。
常に在庫が大量に動いており、収支をキチンと把握しながら運営がコントロールされているのかよくわからない。
ゲームや音楽CDでカバーしているのだろうか。
最近はアメカジ古着等も取り扱っており、こちらの方は店舗に行くと結構売れているようだ。
古着類は、買値がどの位かわからないが、若い人の場合は飽きると安値で手放す人が多いかも。
根拠はないが、いろんなリサイクルショップが古着を取り扱い始めたため、ビジネスとしてうまみがあるのだろう。
私も古本・古着ともブックオフで買った経験があるが、気に入ったものがあった場合は、古着の方が得した感は強い。
ただし、古本・古着・CD等の場合は、既に大手がたくさん参入しているため、ちいさな個人の起業は分が悪い。
何かアイデアがあるとすれば、ニッチな種別に特化して取り扱えば、ネットの世界では全国の購買層を相手にできるため成算があるかも知れない。
本にしろ、古着にしろ、求める人の数は少ないが、熱狂的なマニアが喰いついてくる商材を発掘しなければならない。
ヤフーなり、イーベイ、楽天のオークションで、有望な商材を調査してみるのも良いかも。
商材が新品ではなく、中古品のため、ビジネスとして取り扱うためには、古物商の免許を取得する必要がありそうです。近くの公安当局へ必要書類にて申請すれば簡単に免許を取得できるそうです。
ただし、申請料がたしか2~3万円必要なようです。必要なかたは、ネットで調べてみてください。

★お奨め1:本格派足ツボマッサージ器 NEW明日香-2
★お奨め2:お部屋の空気を丸洗いレナードエアー

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

起業に向けての準備(その12):エコビジネスについて

今のトレンドについて考えて見る。
少子化、老齢化、省エネ、IT・・等であろうか。
少子化は子供の育児・教育、老齢化は高年齢者向け商品へのビジネスが有望であると考えられる。
この流れは既知であり、いろんな本で既にいろんなビジネス論が紹介されているところである。
この中で省エネについては、個人の起業でビジネスになりそうな有望なアイデアはあるだろうか。
企業によるビジネス展開の話は良くあるが、個人でのビジネスについては、省エネ商品の物販、省エネコンサルタント以外には見当たらない。
太陽光発電、エコカーなどでの、個人ビジネスが入り込む余地はあるのだろうか。
ソーラ販売の代理店やコンサルタントであれば、小資本で始められそうであるが、信用度がなく顧客がつくか?
フランチャイズ系であれば、即ビジネスとして開始できるだろうが、フランチャイズ料を支払ってでも、ものになるビジネスに発展するだろうか?やはりリスクが高い。
エコカーはどうか?車単体では、個人の出る幕はないようだが、シェア利用等の仕組みと組み合わせれば、エリアやマンション単位での利用が見込めそうな気もする。使用したい人々と、提供したい人たちとの間を取り持ち手数料を頂くことにより、自己資本なしでもビジネスが組み立てられそうである。
もう少し詳細をつめる必要があるが、CO2削減ビジネスとして大いにアピールできるビジネスである。
どなたかチャレンジして頂いて、結果を報告共有して欲しいものである。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

閑話休題(その7 ):人の価値観について

人の価値観はどうして、大きく異なるのだろうか。
生い立ち、日々の暮らしの中での自分の生きがい・・いろんな事を経験する中で、自分が一番大事にして、求めるものは何か・・。大半の人が、このように立ち止まって考えてはいないかも知れないが、無意識のうちには皆考えており、ひとそれぞれ、異なるアウトプットを出力している。
ある人は、お金であり、地位であり、仕事の達成感であり、ギャンブル・・パチンコで勝つこと・・と、ものごとの大小に関わらず、行動する際の価値観を持っている。
男と女の間では、結婚相手を探す際には、無意識のうちに、同じ価値観の相手であることを条件としているケースが多い。
同性間では、本当の友人は、やはり同じ価値観を共有できる人を選択するのではないだろうか。
では親子ではどうだろうか。
結婚した両親は、夫婦の間で時間をかけて二人の価値観を形成し、子供へ無意識のうちにこの価値観を伝承している。
子供は小さい頃は、親の行動を見ながら、両親の基本的な価値観を見よう見真似で引き継ぐが、中学・高校・大学と成長していくにつれ、周囲の友達の異なる価値観に感化され、別の価値観の道も経験したいとの誘惑にかられやすい。
この時期に、両親がどのように関わるかで、子供達の価値観は親と同じものを引き継ぐか、または子供独自のものを創造して行くかの別れ道となる。
私の場合は、価値観・倫理観に対しては、子供達に強力に干渉し自分が親から引き継いできたものを、子供にも伝えたいとの思いで行動してきた。
結果が良かったかどうかは、この先、子供達がどのような人生を送るかにより・・子供達が判断するだろう。・・私がそうであったように。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

natonato73

Author:natonato73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード