スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題(その6) 政治について

先日は都議選があった。
暑い日の昼下がりに、近くの小学校まで投票に行った。
この日は、次男と妻の3人で投票に出かけた。
後で次男に誰に投票したか・・を聞くと、○主党の若手の候補者に投票したそうだ。
新聞の候補者紹介欄をザット見ただけで、この人にしようと決めたそうだが、結果的にはこの候補者がダントツのトップであった。
私から見ると、頼りない候補に見えたが、若い人たちが皆、この候補者へ投票したのだろう。
私たち夫婦は、二人とも、子育て支援や・収入の少ない老齢者支援を訴える、同年代の女性候補者に投票した。
大政党ではないが、地道に弱者支援を訴える候補者に共感し投票した。この候補者も、結果は滑り込みで当選した。
一応、応援した候補者が皆当選したため、家族皆、今回の選挙は満足のいくものだったと話しあった。
私と妻は、20歳以降、すべての投票の権利ある選挙には参加している。確か1~2回は、転勤に伴う引越しにより、選挙人名簿への登録がなかったことがあったような気がする。
子供たちにも、成人以降は、選挙のたびに必ず投票に行くように声をかけている。
選挙への参加は、政治への参加であり、知識人としての当然の行動でると考えている。
夏の衆議院選挙も、当然投票に行くが、今回は2大政党としての幕開けとなる、記念すべき年となるかも知れない。
子供達には、孫にも、政治への関心を持ち必ず選挙に参加するという、私の気持ちを伝えて欲しいと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

natonato73

Author:natonato73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。