FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題(その36): 軽井沢への小旅行

昨日から今日にかけて、軽井沢のホテルへ一泊し、ゆっくりしてきた。
11月2日、午前11時頃に遅い朝食をとり、昼頃にやっと東京を出発した。
全く渋滞はなく、関越~上越高速を走ること2時間半、そろそろお腹も空腹となり、横川SAにて休憩し「峠の釜飯」を久しぶりに食す。
今日はあいにくに雨となり、軽井沢に着いても、観光は無理かな・・・と思っていたが、軽井沢ICを出たあたりから天気の様子が一変した。
あっと言う間に、霧が立ち込め、碓氷峠では視界が10mほどとなった。徐行をするものの、道が真っ直ぐなのかカーブなのかわからない状態であり、ヒヤリハットの連続であった。
前方には車は走っておらず、後ろに1台のみついてきている。
後ろの車は楽かなと思えたが、後ろにぴったりついて崖下に一緒には転落したくないらしく、車間をとりながら慎重に運転している。
峠を越えて、軽井沢に入ったが、駅前も濃霧のため建物や駅も全く見えない。
旧軽井沢あたりで数軒のお店を見たあと、夕食を済ませて、ホテルへ向かう予定であったが、宿泊ホテルへ連絡し、ディナーの緊急追加と今からホテルへ向かう旨の変更を伝える。
今晩のホテルは山の中にあり、暗くなって濃霧と雨の中では、ホテルにたどり着けず、途中遭難か崖下転落の危険ありと判断したためである。

ホテルに到着した時には、かなりの雨が降っていたが、夕食の時間帯には雪ふぶきに変わっていた。
レストランのお兄さんの話では、ことしの初雪とのことで、11月初旬の雪は珍しいらしい。

ディナーも信濃野菜をテーマにしたフレンチで、奥さんも満足・満足。
食事後は少しゆっくりした後、もう一つの楽しみの源泉かけ流し温泉に入る。
ディナーの時のチェックでは、今日の宿泊は、ほとんど全員女性で、男性は私を含め三人(うち一人は小学生)のみ。
男湯は貸切状態であった。女性風呂は少し賑やかだったようだ。

建物は新しくはないが、造りがデザイナーホテルらしく、綺麗で感じがよい。次に来る時は、子供たちも誘ってきてみることにしたい。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

natonato73

Author:natonato73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。