FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業にむけての準備を開始(その3)

今までの話と時期的には相前後しますが、起業をする際の選択肢として、公的な資格を取り・・何か事務所のようなものを開くことができないか・・との思いから、50歳になった時から(4年前)資格取得にチャレンジしてみました。
3年間で2つの資格取得にチャレンジしましたが、2つとも惜しいながらも不合格となり一旦チャレンジ終了としました。
30・40歳代であれば、2~3回受験を覚悟しながら資格取得も考えられますが、やはり50歳台では残りの年数的な時間がなく一回失敗すれば・・終了とせざるを得ないあせりがあります。
最初のチャレンジは、宅地建取引主任者資格です。
子供の就職先がハウスメーカとなったため、子供へ資格取得の受験を促すためもあり、一緒に勉強を始めて資格を取ろうと頑張ってみました。
資格本を買って通勤電車の中や、休みの日はカフェで勉強しました。約半年の間、独学で勉強をして受験しましたが、法規関連の5択問題が惨敗で結果的に不合格でした。取引主任者業務の問題はほぼ正解でしたので、来年もう1回チャレンジすれば・・という手ごたえはありました。
こどもは、親の期待も空しく勉強はせず、会社の強制受験命令で受験はしたものの、当然不合格。
私のほうは、宅建資格をとったにしても、当面は会社勤めから入り、・・起業はほんとにできるの?との疑問が湧いてきました。
また、通勤しながらの独学ではかなりつらく、来年は資格の学校に通う必要があると思いました。
翌年の正月明けに、そろそろ資格の学校に申し込みを・・と考えていた矢先に、家内の実家の母から
近所の社会保険労務士の資格を持っている人が、勤めていた会社の定年後に事務所を開き、順調に稼いでいる・・との話を聞き、この資格が良いのでは・・とのお勧めでした。
資格学校のTACに行き、いくつかの資格内容と授業内容&授業料のレクチャーを受け、2・3日迷いましたが、最終的にやはり社労士の資格取得に向けて学校に通うことにしました。
約半年間、毎土曜日に学校に通うことにしました。
土曜は授業を受けるだけで午後半日以上がつぶれます。予習・復讐もやろうと思えば、日曜日もほとんど勉強に時間を割く必要がありそうでした。
授業を受けてみて、勉強の範囲にびっくりしました、関連法規が山ほどあり、暗記量は大学受験以上のように思えました。技術系で生きてきた私には、法規はつらいところです。また、年金関連は複雑怪奇の内容ばかりです。まずは・・仕事をしながらでは・・3年計画でないと・・との弱気からスタートです。
授業の受験生は約80%が20歳代の若い人です。そのうち半分は学生、または会社が総務部門等で社労士の内容そのものを仕事にしているようで、毎日数時間は勉強をしている感じです。
このような環境に自分をおいて、なんとか勉強のモチベーションを保ちながら、半年がんばりました。
試験の1週間前に過去問題を解いてみて、点数は60点弱です。合格点は70点以上だったような気がします・・?
どんなに頑張っても、問題量が多く、時間内にじっくり時間をかけて回答できないため、3分の一以上はほとんど考える間もなく、感で回答をせざるを得ませんでした。やはり基礎知識が十分でなく、初回は様子見受験となるのか・・との思いで受験しました。
受験当日の前日、仕事のシシテムトラブルが発生し、受験日の朝7時まで徹夜で故障対応を行ったあと、一旦家に帰りシャワーを浴びて受験会場の青山大学へ。受験時間は確か6時間近くの長時間です。前日のトラブルにも関わらず、途中で眠気もせず、一心不乱に問題を解きましたが、結果はやはり予想通り、60点弱でした。社労士の試験は科目が5~6科目あり、各科目ごとの点数足切りりあります。総合点が良くても、1科目でも足切りにひっかかるとアウトです。
3年間かけた、資格取得のチャレンジが、これで一旦止めとしました。またいつの日か再チャレンジをしてみたいと思います。
結果は残念でしたが、2資格受験とも私にとっては無益ではありませんでした、宅建は自分の家の売買の際の知識として役にたったし、社労士受験で得た知識は、本来の自分の職場での管理者としての業務に厚みを持たせてくれました。また退職に向けた予備知識としても役に立っています。

今回はとりとめもなく長文を書いてしまいました・・



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

natonato73

Author:natonato73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。